パソコンの便利な利用方法

高齢者が渋々とワードやエクセルを習った町内会のパソコン教室

パソコンが業務用に導入されると書類作りが楽で、利用価値の多方面にあることが理解されると家庭では若い人達も飛びつきました。こうして、パソコン利用が社会に普及し始めても主婦や高齢者が最も遅れていたようでした。家庭での具体的な利用方法を見つけた主婦の中には全国各地に広がったパソコン教室へ行って学び始めた人もいたのです。

自宅で参考書片手にキーボード上のキーを一つずつ打ち、様々な機能を確かめながら文章作りを始めた人が多かったようですが、長年、紙と鉛筆で生活してきた高齢者にはパソコン用語が理解できず、パソコンの使い方を覚えられない人が多数残っていたのです。しかしながら、周囲の友人、知人からパソコンの利便性をいわれたり、活字体のきれいな手紙を頂いたりして、徐々にパソコンを使わないことが気になり出したのです。

習い始めた機能はワードとエクセルで文章や表の作り方でした。渋々と子供や孫に教えてもらいながら使い方を覚え出した高齢者も多数いたのです。一時は町内会でも町内の有志がパソコンを会場に持ち込んで無料のパソコン教室を開催し、ワードやエクセルで簡単な文章や表作りを高齢者に教えていた時期もありました。

Copyright (C)2018パソコンの便利な利用方法.All rights reserved.